鳩駆除ならハト駆除navi

*

ハト駆除navi

年間3,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7750

フリーダイヤル0800-805-7750

鳩と人の歴史について

ドバト

ハトといえば、一番良く目にするのは、「ドバト(土鳩)」です。
ドバトの先祖は、古く中央アジア・アフリカ・ヨーロッパ等に分布する「カワバト」を原種としている外来の鳥です。
古くは飼い鳥として多くの人々に飼われていました。飼い鳥を家禽と言い、野生の鳥と区別をしていました。食用・観賞用・伝書鳩・軍用にも改良されています。

野生化するドバト

ドバトが都市で野生化するようになったのは、外国から持ち込まれた「イエバト」がにげだして次第に増えていったと考えられています。伝書鳩が帰巣できずにそのまま公園に住み着くことも、レース鳩がドバト化することも考えられます。
ハトは非常に繁殖力が強く、都市はハトが都合よく生活できる環境がととのっています。
食べ物にも困らず、寝床もあり、とドバトは都市を住み心地のよい安全が場所と認識したようです。

人とハトの関係

公園で鳩にエサをやっている人を良く見ます。それはなんとなくほほえましい光景でもあります。
ハトと人間が、食料・観賞・通信手段など深い関係をもってきた歴史があり、ハトと人間は良好な関係を結んできました。
空を見上げると群れをなしてハトが飛んでいます。「伝書鳩」は、重要な通信手段として人間の手助けをしてくれた時代もありますが、いまはレースとして、伝書鳩は競技の世界のものとなりました。
今や、携帯電話やメールの時代となり、伝書鳩は過去のものとなりました。
反対に、その存在が公害とまで言われるようになりました。紀元前から密接は関係にあった人間とハトは今後どのように変化していくのでしょうか。