鳩駆除ならハト駆除navi

*

ハト駆除navi

年間3,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7750

フリーダイヤル0800-805-7750

鳩が人間にあたえる健康被害

鳩からくる病気にご注意

ハトに限らず、鳥やその糞は60種類以上の重い病気を人間やペット類に撒き散らします。
最近では、ハトによる健康被害は都市に住むドバトが害鳥として問題化しています。 ご自身で駆除しようとしても、危険な場合があります。

クリプトコックス症

「人獣共通感染症」と言い、人間も病気になる動物の感染症のことをいいます。
特に死亡率が高く、問題視されているのがクリプトコックス症です。
カビの一種の『クリプトコックス・ネオホルマンス』という菌が原因で、免疫力や体力の落ちた人がかかりやすい感染病です。ハトのフンの窒素成分で増殖し、飛散した菌が、呼吸器官から体内にはいり発症します。
飛散した菌を吸い込み肺で感染しますが、肺そのものは通常何の症状も起こさず、他の部分に感染が広がって症状が現れます。
この菌は脳髄液を好んで増殖し、髄膜炎や脳炎をひきおこします。
脳がカビの菌で侵され、頭痛、発熱、人格変化、記憶障害の脳障害から咳や血痰を伴い、神経障害へと症状が変化していきます。 致命率は12%です。
この病気にかかるのは、小さいお子さまや免疫力の落ちた人にかかりやすいので、注意が必要となります。
今のところ、脳に感染した場合、特効薬はみつかっていません。

ダニやシラミの媒介で発症する病気・鳥が媒体となる病気

ダニやシラミを媒介することにより、身近の症状であるぜんそくやアレルギーの引き金にもなります。
また、鳥が媒体となる病気としては、『ニューカッスル病』があります。
『ニューカッスル病』は、急性結膜炎を引き起こします。
『サルモネラ菌』『サルモネラ菌』『ポツリヌス菌』は食中毒から、
『オウム病』『トキソプラズマ症』の引き金となる病原菌もみられます。

身近な鳥である鳩ですが、そんな鳩によって与えられる健康被害の中には深刻なものもあります。
鳩による悩みを解決したい!駆除してほしい!どこに相談していいのかわからない・・・そんな駆除に関するお悩みをお持ちの方ははすぐにハト駆除のプロである当社にご連絡下さい!