鳩駆除ならハト駆除navi

*

ハト駆除navi

年間3,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7750

フリーダイヤル0800-805-7750

鳩の帰巣本能

鳩は留鳥

鳩は年中同じ街の同じ場所に暮らす『留鳥』です。
たとえどんなに離れている場所からも自分も街と自分の住家に戻ることができます。
通信手段のない時代に『伝書鳩』として、手紙のやりとりなどに、その稀な帰巣本能で人々に利用されてきました。

帰巣本能の実態

研究はされていますが、まだ実態が明らかにされていません。
いろいろな説の中最も有力なのは、地球の磁気や太陽の位置などを優れた感覚によって感知し、帰る方向がわかるのではという説です。
どんなに追い払ってもどんなに遠くであっても戻ることが出来るハトは、1,000キロ近くの距離を1日で飛んで帰ることがあります。自分の巣を一度作られたら徹底的に排除しなければハト被害はつづいて生きます。

【ハトのマグネタイト】
ハトは太陽と自分の体の角度を計算しながら帰巣すると言われています。太陽は1時間に15度移動するので、太陽の移動を計算にいれてもとの 巣に正確にもどります。
3時間飛行したばあい、もとの巣に戻るためには、3時間分の太陽の移動、15×3=45度のずれを考慮して移動します。凄い能力ですね。
ハトの体内コンパスの精度には、ハト(ハトの血統)によって優劣があるようで、もどれないハトがいるのも現実です。

ハトの帰巣率の低下

世界中で行われているハトレースにおいて、かつて70~80%だった帰巣率が近年50%程度に落ち込んでいます。
帰巣率低下の理由として、携帯電話やその基地局の電磁波があげられています。携帯電話が発する電磁波の密度は急激に高まっていることが指摘されています。

【ハトのファミリー】
ハトは一夫一妻性です。雄雌協力しあって子育てをします。年4~6回の繁殖が可能ですので、その数はどんどん増えていきます。
群れで行動するハトは縄張り意識が強く群れ全体で定着をします。
そんな鳩によって与えられる被害は、駆除をせざるを得ない状態になる場合もあります。
鳩の駆除がしたい。駆除に関して相談したいとお思いの方は、ハト駆除のプロである当社にお気軽にご相談ください。