鳩駆除ならハト駆除navi

*

ハト駆除navi

年間3,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7750

フリーダイヤル0800-805-7750

鳩の繁殖力について

繁殖の時期

 

西日本では、2月下旬~3月にかけて、繁殖活動が活発になります。
北日本は、1~2ヶ月遅れて活発化します。
冬の時期は繁殖力が低下しますが、基本的には年中繁殖すると考えていいでしょう。

ハトの成長

ハトは生後6ヶ月ごろから繁殖期にはいります。鳩は一生涯同じハトと生活を共にする仲の良い鳥です。発情期は雄が雌の頭や首をくちばしで羽づくろいのような動作を繰り返しながら交尾します。年に何度も繁殖を繰り返し、1回に2個卵を産み、雄雌交互に18日間抱卵し、雛の育離期間は約3週間~4週間くらいといわれています。
ハトは繁殖力が強く、1年間に7~8回も繁殖することがあります。
ハトは繁殖力が旺盛なことと、食物など生活環境が良いことで爆発的にその数はふえています。
ハトの寿命は10~20年といわれています。通常6ヶ月位で成熟し、2~3年で最も充実し、繁殖は10歳くらいまでする。ただし、現実には、病気や事故などで死ぬハト多く、長生きするものはあまり多くありません。
気をつけたいことは、ハトはうまれて育った場所をふるさと認識するので、帰巣本能で繰り返し飛来してきますので、そうならないように対策をしておく必要があります。

ハトの食物

ハトは基本的には雑食です。虫などをエサとして食べて育ちますが、ハトは雛にビジョンミルクという特別なエサを与えます。これは、乳白色で、タンパク質や脂肪が豊富なミルク状のものです。人間とちがってハトの場合は雌だけでなく雄もこのビジョンミルクを分泌することができるようになっています。
さらに、消化吸収効率の悪い食物室のエサだけでも繁殖することができますので、非常に繁殖能力が高いとえます。
このような繁殖力の高い鳩による被害は、駆除をせざるを得ない場合ももあります。駆除に関するご相談は、ハト駆除のプロにお気軽にご連絡ください!