鳩駆除ならハト駆除navi

*

ハト駆除navi

年間3,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7750

フリーダイヤル0800-805-7750

都会でも急増している害

急増する鳩

都会で良く目にする鳥といえば、カラスと鳩。
カラス退治はすでに駆除などの様々な対策をとっている所も多くみられますが、ハト被害が急増している昨今、鳩の駆除や対策にも乗り出す自治体が多くなりました。実際にどういった駆除や対策がとられているのでしょうか。

東京都の鳩被害の対策

東京を中心とした都市部のマンションなどの住民より、鳩被害に関するメールが多く寄せられています。
その苦情相談は年間500件以上にものぼっており、その多くはマンション・ビル等の糞に対するものとみられます。その要因としては、鳩にエサをやる人も考えられます。
『エサやりの行為』そのものが、都会の鳩の生活環境を良くし、ハトを繁殖させてしまうことになりました。
ハトが公園などでエサをついばむ光景はほほえましいものと思われますが、この行為こそが都会のハトの住環境を良好にし、反対に人間の住環境を脅かすといる開く循環におちいっているように思われます。
(平成17年、ハト対策の実施について~エサやり防止キャンペーン~が環境局の報道発表資料が発表されました)

目前の鳩に対して

『エサやり行為』禁止は全体的にハト減少につながることと期待することになりますが、私たちの今目の前でフンをするハトに対してどのようにしたらいいのでしょうか。
駆除をするまでの対策としてご紹介いたします。
1 ベランダに不要な家具や季節外のタイヤ(ハトはタイヤを好みます)を撤去してハトが巣作りする環境を作らない。
2 ハトをひきつけることになる仲間の糞を放置しないで、常に掃除をしておく。
3 大きな音や夜間の明かりなどでまねに追い払う。
4 ベランダの手すりなど、羽があたる位置にテグス(釣り糸)を張る。
このような対策をとっても被害が収まらなければ、やはり駆除が必要でしょう。駆除に関するご相談は、ハト駆除のプロにお気軽にご連絡ください。