鳩駆除ならハト駆除navi

*

ハト駆除navi

年間3,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7750

フリーダイヤル0800-805-7750

どんな種類があるの?

人と関わり深い鳩

公園は広場など街中でよく見かけるハト。ハトと人とのかかわりはたいへん密着した関係にあるといえます。ハトが街中で見かけるということは、人厳とハトは長い間共存関係にあり、鳩が人間社会と都市に頼って生きている鳥と言えます。
ひかし、人に被害を与えるようになると、駆除をせざるを得ない場合があります。駆除する前に、まず駆除をする相手の事を知りましょう。
ここでは鳩の種類についてご紹介いたします。

鳩の種類その1

1 ドバト(別名:カワラバト)
駅前や公園、神社などで良く見かけるハトです。
色は、白と灰色。
体は、頭が小さく、胸骨、胸筋が発達しています。
ドバトはカワラバトの飼養品種が再野生化したものとされているため、屋町とはみなされない。
首を小刻みに前後しながら歩きます。
2 キジバト
郊外の緑の多い場所で見かけるハトで、赤茶色っぽい羽の色と首の青い筋模様が特徴です。生息場所は全国で観察されています。
特に畑地と周辺の集落、雑木林に多い。
郊外の都市化の影響により、市街地の公園や街路樹、庭木などに住むようになってきました。また、河川敷にも多く住むようです。

鳩の種類その2

3 アオバト
全長33cm。オリーブ色ですが、オスは頭から胸にかけて黄色、腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。一方メスはそれらの箇所もオリーブ色である。虹彩は青色。
広葉樹林などを好みますが、都会では殆ど見ることはありません。
4 カラスバト
全身黒色で、頭頂、後頭、背は紫色の光沢がある。
アオバトと同じく都会であまり見ませんが、日本では、福岡県や四国などの周辺の小さい島などで良く見られる。
5 シラコバト
天然記念物に指定され、埼玉県の越谷を中心に生息する留鳥です。
全身が灰褐色で、背と尾は褐色身が強くなります。

ハトが集まる場所には、必ずエサ場や巣があると思われます。